レバノン(訪問国にひとこと)

あえて選ぶ、国別に1番気に入った食べ物と場所、
レバノン。

訪問回数は2回。

レバノン、シリア、ヨルダン、イスラエル…
中東の食べ物は、どこもよく似ているのですが、
この周辺は特に同じように感じました〜
元来は、大シリアと呼ばれる文化的共通地帯なので
似ているのはあたり前なのですが…。

なかではレバノンが一番美味しかった〜!
元フランス領はご飯が美味しい、という事と
内戦前の自由経済体制で経済も観光も盛んだったからか…

同じ料理でも、ひと味違うんだよね〜
1番気に入った食べ物は、チキンのシャワルマ!

leb001.jpg
アラブ、中東地域、トルコなどのファストフード、シャワルマ。
(トルコではドネルケバブ)
平たく丸いパン薄いパン(ホブズ)にくるくる巻いて食べます。
タラトール(タヒーナとニンニク、レモン汁のソース)をかけるのですが、
このソースがお肉にあって美味しい〜♪
シリアやヨルダンエジプトも同じようなシャワルマですが、
私が食べた中ではニンニクが効いているのはレバノンのものだけでした。

羊のシャワルマもあるけど、私は鶏の方が好き!

26_20120827231623.jpg

ガズルバナートというミルク味の綿菓子をつぶしたようなお菓子が、お気に入りです!
トリポリはアラブ菓子の店が多い〜!

051.jpg

少女の紡ぎ糸、という意味だそうです。

このお菓子、初めに見たのはトルコ。
ピシュマニエという名前です。
pis.jpg
いろいろな国でみかけます。
これはインドのソーン・パプディ
ナッツがたくさん入ってます
IMG_3450.jpg
イランではパシュマク
コットンキャンディー
IMG_0009.jpg
バニラ、ココアパウダー、サフランの3種類入り
ハッジ アブドッラーというイランのタブリーズの会社の綿菓子。
割ってみるとこんなカンジ。
IMG_0012_20120828213322.jpg
綿菓子系のお菓子大好きなので、みかけるとつい食べてしまうのです〜

↓綿菓子に似ているお菓子、韓国ではクルタレというものがあります。
kure.jpg
香港にも同じお菓子がありました。
jyo3.jpg
龍鬚糖(ロンソートン)ドラゴン・ビアード・キャンディ
本来は中国発祥の菓子だそうです。
dr1.jpg


これは普通の綿菓子
シリアにて。
カラフルな色がついているものが多いです
058.jpg

お菓子でちょっと横道にそれてしまいましたが…

1番気に入った場所は、
やっぱりバールベックかしら〜
leb.jpg
リバーサルフィルムで写したんだけど、キレイに撮れてる〜!
29_20120828010510.jpg
お高いリバーサルフィルムだけあるわ〜!やっぱ違うね〜
28_20120828010510.jpg
一眼レフじゃなくてもそれなりに美しく写ってます。
24_20120828010510.jpg

150.jpg

遺跡もよかったけど、レバノン杉のあるカディーシャ渓谷も素敵だった〜!
谷にかかった虹を見て感動した〜
49.jpg
↑ブシャーレの村


レバノンマンガはブログにUPしてあります→こちらから


最後にひとこと、
ベイルートのダウンタウンの変わりようにビックリ!




大きな地図で見る
関連記事

テーマ : 旅の思い出
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secre

pishumaniye

新鮮なピシュマニエをトルコから直輸入しました。よろしかったらお召し上がり下さい。

ハイランドコーヒー
プロフィール

けい

Author:けい
遺跡とイスラーム建築が
大好き♪ 
最近は長期のバックパッカーではなく、短期で近場のアジア圏で食いだおれています
Profile→続き

ブログランキングにも
登録しています♪ 
よろしかったらポチッ
とおねがいします!
にほんブログ村 旅行ブログへ

人気ブログランキングへ

コミックルーム[WEB漫画検索サイト]

アマゾンで購入できます


架空ストア◆さんに委託しています

COMIC ZINさん◆にて書店委託しています


メロンブックスさん◆にて書店委託しています


アリスブックスさん◆にて書店委託しています

↓引っ越し元のブログです
*つれづれなるままに旅三昧


↑ホームページはココ
→Twitter
→Pixiv

↓食べ物記録ブログ
*食べ歩き日記*


最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる